長泉パーカライジング株式会社

パーカー処理・表面処理・塗装の専門メーカー

パーカー処理(化成処理)

Parker processing (chemical conversion treatment)

  • Home
  • パーカー処理(化成処理)

パーカー処理

リン酸塩被膜処理とは、リン酸塩の溶液を用いて金属の表面に化学的にリン酸塩皮膜を生成させる化成処理のことを言います。

当社では、下記の処理を行っております。

・リン酸亜鉛:一次防錆、塗装密着
・リン酸亜鉛カルシウム:耐熱性、薄膜
・リン酸マンガン:摺動性、防錆

リン酸塩皮膜処理の効果としては塗装下地として使用される場合はアンカー効果(塗膜との密着性向上)、バリア効果があるため塗膜に傷を付けた場合でも傷の幅方向への錆・塗膜剥離の抑制(塗膜下腐食の抑制)などの効果があります。

燐酸塩処理をそのまま使用する場合には防錆油を併用することで皮膜結晶の隙間に防錆油が浸透し防錆効果が上がります。